骨盤の歪みが冷えを引き起こす!歪みの原因と冷え対策を強化

骨盤が歪んでいると冷え性になるってご存知ですか?骨盤と冷え性に関係があるの!?と思う方も多いのではないでしょうか?今回は、骨盤が歪む原因や冷え性との関係や骨盤が歪んでいるかどうかをチェックする方法等について、詳しくご紹介します!

どんな冷え対策も効果がない…その原因は骨盤かも?!

手足が冷えるので温かい飲み物を飲んだりひざ掛けを使用するなど冷えの対策をしても、なかなか冷え性が改善しない…と悩んだ方、いらっしゃいませんか?そんな場合、冷え性の原因は骨盤の歪みにあるかもしれません。まずは、骨盤の歪みの原因についてご紹介します。

骨盤はなぜ歪む?原因を追究

骨盤はなぜ歪むのかというと、「日常生活の中での何気ない動作やクセ」が原因。どのような動作・クセが原因になるかというと

  • 同じ方向に足を組む
  • 左右どちらかに偏って椅子に座る
  • 立つときに左右どちらかに体重をかける
  • 出産による骨盤の開き

といったもの。

足を組んだり、左右どちらかに体重をかけているというのは思い当たる方も多いのではないでしょうか?

クセになっている姿勢は「楽な姿勢でいられる状態」になるのですが、左右どちらかの筋肉だけを使って負担がかかる生活を送っていると、骨盤が少しずつ歪んでいってしまう原因になってしまうんです。

また、女性の骨盤が歪んでいく原因の1つが「出産」。

女性ホルモンの働きによって出産時には骨盤が開き、出産後3ヵ月から4カ月する頃に骨盤は元の位置に戻りますが、左右のバランスが崩れてしまった状態で骨盤が戻ろうとすると、正常な位置に戻らず歪んでしまう原因になってしまうんです。

骨盤と冷え性の関連性

生活習慣や何気ないクセが原因となって歪んでしまう骨盤ですが、骨盤の歪みと冷え性とはどのような関係があるのかについてご紹介します。

骨盤が歪むと血行不良に

骨盤が歪むとどのような変化が起こるかというと、まず骨盤の周囲にある筋肉がバランスを崩して、次第に固くなってしまいます。

筋肉の中には血管が走っているので、筋肉が固くなることで血管を圧迫してしまうため、血行不良になってしまうんです。

 

骨盤が冷えを誘発する

骨盤の歪みによって血流が悪くなると、末端部まで十分な血流が流れず、筋肉からの疲労物質などが回収されなくなり、むくんだりセルライトができたりといった変化が生じます。

また、血流が低下することによって筋力低下を起こすため、基礎代謝の低下が起こったり冷え性になったりしてしまうんです。

骨盤が原因の冷えを放置するとデメリットがたくさん

骨盤が歪んでいると、血行不良から冷え性になってしまうという悪循環が発生しますが、骨盤の歪みによる冷えを放置していると、冷え性以外にもたくさんの症状に悩まされることに。

どのような症状が出てくるのかというと…

腰痛を発症

骨盤は身体の中心にあり、骨盤が歪んでしまうと筋肉のバランスが崩れてしまいます。骨盤の歪みを放置するしていると、慢性的な腰痛をはじめ、ぎっくり腰や椎間板ヘルニア・腰椎分離症といった疾患につながることも。

腰痛を「年齢のせいかな?」と考えずに、一度原因を調べることが大切ですよ。

足がむくみやすい

足がむくんでいても、「立ち仕事だから仕方ない…。」と放置していることありませんか?

骨盤が歪んでしまうと、骨盤を支える筋肉に負担がかかる結果、骨盤周囲の筋肉が固くなってしまいます。

その状態が長く続くと、筋肉の間を通っている血液やリンパ液の流れが悪くなるため、むくみやすくなってしまうんです。

毎日キレイな姿勢を保つことは難しく、立ったり座ったりしている時にクセがある方が多いのですが、崩れた姿勢は骨盤の歪みにつながり、足のむくみの原因になってしまう事もあるため、毎日の姿勢に気を付けることも大切ですよ!

太りやすくなる

骨盤が歪んでしまうと、骨盤内に内臓が下がってしまったり、身体の筋肉のバランスが崩れてセルライトができやすくなったり血液やリンパの流れが悪くなってしまうということが起こります。

血流・リンパの流れが悪くなることで、基礎代謝が下がってしまうということが起こるため、太りやすくなってしまうんです。

「ダイエットしているのになかなか痩せられない…」と悩んでいらっしゃる方、原因は骨盤の歪みかもしれません。

婦人科系疾患のリスクの高まり

骨盤の中には、女性にとって大切な子宮や卵巣などが位置しています。そのため、骨盤が歪んでしまうと子宮の位置がずれてしまったり圧迫されたりするなどの影響が現れるため、子宮や卵巣が正常に働かなくなってしまう事も。

その結果、ホルモンバランスの崩れが生じて生理不順や生理痛・不正出血・子宮筋腫・更年期障害など婦人科系疾患の症状が現れることもあるんです。

骨盤が歪むと起こるその他の症状

骨盤が歪んでしまうと冷えや腰痛・むくみといったさまざまな不調を生じてしまいますが、このほかにもさまざまな不調の原因に。

どのような症状が現れるかご紹介すると…

  • 生理不順や不妊
  • 生理痛の悪化
  • 頭痛や神経痛
  • 精神疾患のリスク
  • 便秘
  • 肌荒れ

などたくさん。

気になる症状があった方は、詳しく調べてみてくださいね!

骨盤の歪みをセルフチェック!その方法とは

様々な不調をもたらす骨盤の歪みですが、骨盤が歪んでいるのかどうかを自分でチェックできる方法を3つご紹介します!

足踏みでチェック

「足踏みチェック」は、その場で足踏みをすることで骨盤が歪んでいるかどうかを知ることができる簡単な方法です。

やり方はというと

  • 立った状態で目を閉じます
  • 目を閉じた状態でその場で足踏みを50回します

という2つのステップだけ。

足踏みの後、最初に立っていた位置からどれだけ移動しているのかをチェックすることで、骨盤の歪みを知ることができます。

最初の位置から右に移動していた場合、右の骨盤が、左に移動していた場合左の骨盤が下がっているということになります。また、前に移動していた場合は重心が前に、後ろに移動していた場合重心が後ろに下がっているという事になります。

足の長さでチェック

足の長さでのチェックは座って行う検査です。

その方法は

  1. 両足を伸ばして座ります
  2. 両手を後ろについて、上体を後ろに倒します
  3. 足をぶらぶら揺らします

この3つのステップだけ。

揺らした後の踵の位置で、左右の脚の中さに違いが無いかどうかを確認します。

骨盤の高さでチェック

骨盤の高さをチェックする際は、鏡の前に立って行います。

方法はというと鏡の前に立って両手を腰骨に当てるだけ。

下がっている方の骨盤が低くなっているという可能性があります。

 

骨盤を歪ませないためには

では、骨盤をゆがませないためにはどのような方法があるのかについてご紹介します。

正しい姿勢を心がける

日常生活の中で簡単にできる方法の1つとして「正しい姿勢を心がける」というものがあります。

普段、楽な姿勢でいるために猫背などになりやすい方が多いのですが、姿勢が崩れてしまうと筋肉のバランスが崩れてしまうため、骨盤が少しずつ歪んでいってしまうんです。

そのため、正しい姿勢を心がけるのがとても大切。

正しい姿勢とは、「背筋を伸ばし、あごを引いた姿勢」。

ぜひ、心がけてみてくださいね。

片方に体重をかけるのをやめる

次に大切なのが左右両方に均等に体重をかけること。

  • いつも片方の手で荷物を持っている
  • 立つときにどちらかの脚に重心がかかっている
  • 座る際にいつも同じ方向で足を組んでいる
  • いつも横向きで寝ている

など、思い当たる項目がある方は多いのではないでしょうか?

普段何気なく行っているクセなのですが、この「片方に体重がかかる」状態を続けることで、骨盤がねじれたりゆがんだりする原因になってしまうんです。

ついつい楽な姿勢をとってしまいがちになりますが、骨盤の歪みを防ぐためにも左右均等に体重をかけることが大切です。

骨盤ストレッチを取り入れる

日常生活のクセで骨盤は少しずつ歪んでいってしまいますが、毎日ちょっとしたストレッチを行う事で骨盤の歪みは改善することが可能です。

骨盤のストレッチというと、「難しそう…。」と思う方も多いかもしれませんが、簡単に短時間で行えるストレッチもたくさんあるので、ぜひ毎日の生活の中に取り入れてみてくださいね!

冷え性を解消する骨盤ストレッチ

骨盤の歪みを解消するためのストレッチはたくさんの種類がありますが、ここで「腰回しストレッチ」と「お尻歩きのストレッチ」についてご紹介します。

腰回しストレッチ

腰回しストレッチは、自宅でも外出先でも簡単に行うことができるストレッチ。

その方法はというと

  1. 足を肩幅より少し開いて立ちます
  2. 踵・つま先が床から離れないようにして、腰を左→後ろ→右→前、右→後ろ→左→前と左回し・右回しに10回ずつ回します。この際、フラフープを回す要領で回すといいですよ。

この2つのステップを行うだけ。腰を回す際に、上体をまっすぐ起こして前を向いて行うようにしてくださいね。

道端カレンさんもオススメの骨盤回しストレッチの動画がこちら

https://www.youtube.com/watch?v=dRAshI1DUV4

お尻歩きストレッチ

お尻歩きストレッチは便秘解消のためにしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんがその方法はというと

  1. 両足を伸ばした状態で座ります
  2. 背筋を伸ばして、お尻を左右交互に前に出してお尻で前に進みます

という2つのステップを行うだけ。

10歩前に進んだら10歩後ろに下がるという運動を繰り返して行うといいですよ。

お尻歩きストレッチのやり方の動画がこちら

https://www.youtube.com/watch?v=M6tUlK5gkdo

骨盤からくる冷え性の改善策を紹介

骨盤の歪みからくる冷え性ですが、ストレッチ以外にできる改善策をご紹介します。

入浴や足湯で体を温める

冷え性を改善したい!という時にオススメなのが入浴や足湯。足湯は入浴より簡単に行うことができるうえ、リラックス効果もあるのでオススメです!

足湯は洗面器かバケツにお湯をはり、足を入れるだけ。足からじわじわと体が温まってくるのでぜひしてみてくださいね!

カイロを使用する

「冷え」の改善のために、カイロを使用するという方は多いと思いますが、臀部の少し上にある仙骨の部分にカイロを貼るのも有効な方法。

仙骨の部分にはツボもあり、カイロを貼ることで骨盤内の臓器を温めて血流の改善効果を得ることができますよ!

骨盤を正しい位置にして冷えを克服しよう

毎日の何気ないクセで歪みやすい骨盤ですが、骨盤が歪んでしまうと冷え性だけでなく腰痛やむくみなど、さまざまな不調を生じてしまいます。骨盤のストレッチを行ったり、正しい姿勢を心がけることで骨盤を正しい位置に保ち、冷え性を克服しましょう!