正しい頭蓋骨矯正で小顔に!自分で出来る歪み改善法をレクチャー

頭蓋骨矯正すると小顔になるなんて聞くと、とても痛そうだし本当に小顔になるのか疑問に思う方もいるかもしれません。実際、施術を受けて顔が小さくなったという方もいらっしゃるのですがどのような仕組なのでしょうか。具体的にご説明します。

頭蓋骨矯正ってどんなもの?

日常生活を送っているうちに、だんだんと体が歪んでしまっているということはよくあります。イメージとして強いのは背骨や骨盤が歪んでしまうというケースかもしれませんが、実は頭部においても歪みは発生します。

 

例えば、いつも同じ方向を向いて寝ている、片側の歯でだけ噛んでしまう、頬杖をつく癖があるといった直接頭部に関することが原因の他にも、荷物をいつも同じ側で持つといった首より下の動きが原因となっていることもあります。

 

このような日ごろの癖などが原因で偏ってしまった顔の歪みを正しい位置に戻すのが頭蓋骨矯正となります。

頭蓋骨が歪む?

実は動く!頭蓋骨の構造

大人の頭蓋骨は28個の骨から成り立っています。頭蓋骨というと頭頂部のいわゆるヘルメットのような丸い部分を指しているように思われがちですが、下顎の骨までを含み頭蓋骨と総称されます。

 

この下顎の骨(下顎骨)は頭の横にある扇形の筋肉である側頭筋や噛むときに使う筋肉である咬筋、その他いくつかの筋肉によって頭からぶら下がっている状態です。そのため、下顎骨は頭蓋骨のなかで一番位置が動きやすく歪みが発生しやすい場所となります。

 

毎日の食事で使う顎の筋肉は、体重と同じぐらいの力を発揮しています。この筋肉が左右均等に使われていなければ、毎日欠かさず偏った顔面の筋トレをしているのと同じことになり、当然顔が歪む原因となります。

 

なお、下顎骨以外の頭蓋骨に関しては、20個以上のパーツから成り立っていますが、縫合と呼ばれるギザギザに入り組んだ形状で連結されており、ほとんど動くことは無いと言われています。ただし、人の体は部位にもよりますがとても細い髪の毛のようなものでも感知することができますし、ほんの少しのズレが体に何かしらの不快感や違和感を与え、それを無意識に避ける行動が顔を歪ませている可能性は十分考えられます。

頭蓋骨の歪みをセルフチェック

できれば真正面から自分の顔を写真に撮るのが一番わかりやすいのですが、まず黒目と黒目を結んだラインと鼻筋の真ん中にラインを引いてみます。この十字を中心として、左右の眉毛の高さ、目の開きぐあい、左右の口角の高さ、顎の先端の位置などをチェックしていきます。

 

また、口をイーとしたときに、上下の前歯の中心は真ん中で重なっているか、口を大きく開けた時に顎の先端の位置が中心にきているかなども確認します。また、顔の輪郭も確認してみてください。

 

完全に左右対称の人はまずいませんので、大抵どこかしらに左右の違いが見つかったかと思いますが、それをできるだけ無くしていくことが小顔への近道となります。

こんな症状は歪みが原因かも

顔の歪みは見た目以外にも様々な悪影響を及ぼします。

 

まず、歪んでいることで起きるのは血行不良です。本来あるべき血液の通り道が、骨や筋肉の歪みで押し潰されたり、筋肉の動きによるポンプ作用が期待通りに働かず血行不良となり、結果的に頭痛や目の疲れ、むくみなどを引き起こします。

 

また、食物を噛むときに片側だけ使っているというような偏りも、顔面や脳への血流に影響を及ぼします。また前述したとおり、毎日50~60kg以上の力で咀嚼しているわけですので、それが片側に偏ると、顎の関節に大きな負担がかかり顎関節症の原因にもなり得ます。

頭蓋骨矯正のメリット

では、頭蓋骨矯正を行うことでどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

先ほど、血行不良についてご説明しましたが、これが解消されることでまず顔のむくみが解消されます。むくみが解消されるだけでもかなりの小顔効果が期待できます。また血流が良くなるとリンパ液も潤滑にめぐるようになるので肌ツヤが良くなり美肌効果や肌のリフトアップの効果もあります。

なお、頭頂部にかけての血流も改善されるため、育毛にも効果的です。

小顔効果も!自分でできる頭蓋骨矯正法

頭蓋骨矯正のやり方

頭蓋骨矯正というと、ずれた骨の位置を力ずくで戻すようなイメージですが、前述したようにほとんどの頭蓋骨はほぼ動きません。どちらかというと、凝り固まってしまった頭の筋肉をほぐし、同時にマッサージの効果による血流改善効果を狙います。

 

<側頭筋>

頭の両脇にある扇形の筋肉です。頭部で一番大きな筋肉で顎を引き上げる役目をしています。側頭筋のコリは顔を引き上げることができなくなるので皮膚がたるみ顔が大きく見える原因となります。この筋肉をほぐすには以下の方法があります。このマッサージをするとすぐに顔周りがポカポカしてきます。眼精疲労や頭痛にも効果があるのでおすすめです。

 

  • 掌と手首の間の掌底と呼ばれる部分で側頭筋(こめかみの少し後ろ、耳の上あたり)を両手で軽く圧迫しながら気持ち良いと感じられる程度の力で円を描くようにゆっくりとマッサージします。シャンプーのときに行うのもおすすめです。 
  • 両耳を手ですっぽりと掴み、ゆっくりと前後に円を描くように回します。凝っていると最初は痛いと感じるかもしれませんが、その場合は力を加減しながら少しづつ回します。

 

<口~首筋のストレッチ>

【注意】顎関節症などで口を大きく開けられない人は行わないでください。

 

  1. 口の力を抜き、無理のない程度で大きめにアーという口の形に開きます。
  2. そのまま頭をゆっくりと左右に傾けます。左右を1セットとして5回行います。
  3. 次に口を開けたままゆっくりと左右に首を振ります。こちらも5回行ってください。
  4. 最後にゆっくりと上を向いて10秒キープします。

 

<顔のツボ押し>

顔のツボを刺激することは筋肉のコリをほぐし、血行改善やリンパを流すのに効果的です。

 

  • 太陽
    眉毛とこめかみの間にあるツボです。目の疲れにも効果があります。親指の腹で痛気持ちいい程度に揉みます。親指以外の指で後頭部のあたりを一緒に揉んでも気持ちいいです。 
  • 四白
    頬の筋肉の緊張をほぐし、顔全体の血行が良くなるツボです。下まぶた中心部分の際から指1本分程度下におろしたあたりにあるツボです。人差し指の腹でゆっくりと押しながら円を描くように揉みます。皮膚の薄い箇所ですので強い力で押さないようにしてください。 
  • 上廉泉
    顎の裏側にあるツボで、二重あごの解消などに効果があるとされています。顎の裏側の中心で窪んだところにあります。軽く顎を上げ、親指で痛気持ちいい程度に揉みます。

自分でやる時に気を付けること

顔の皮膚は強い力で擦ったりするとクスミやしわの原因となります。あまり力を入れる必要はないのでソフトにマッサージすれば大丈夫です。

生活の中で予防しよう

ストレッチやマッサージでは一時的に筋肉がほぐれますが、日ごろ顔が歪むような行動を行い続けていればすぐに元に戻ってしまします。猫背などの姿勢の悪さや、片側だけで物を噛む癖はできるだけしないように気を付けていくことが大切です。また歯の噛み合わせに問題がある場合は、歯科医の診断を受けたほうが良い場合もあります。

整体師やサロン施術は危険?

頭部には脳や脊髄などキズをつけたら取り返しのつかないことになる重要な器官がたくさん集まっている箇所です。また、消費者庁では、そもそも頭蓋骨が動くということ自体、根拠を認めることができなかったとしています。

実際、インターネット上には頭蓋骨矯正を受けた後に吐き気や頭痛、顎関節症になってしまった、といった口コミも見られます。

そのため、力任せに顔面や頭部をギュウギュウ押すような施術を行うような店は避け、痛みのないところや、マッサージがメインのところを選ぶようにしたほうが良いでしょう。

デリケートな部位なので注意しながらやりましょう

いかがでしたか?顔や頭部は皮膚が薄かったり、重要な器官の集まった場所です。モデルのような小顔には憧れますが、気合を入れて力が入れ過ぎないように気を付けてくださいね。